時間・手間はかかりません

子ども2人の扶養控除もあと数年で終わる予定で、住宅ローン控除も同時期に終わる予定。
教育や進学の選択肢は幅広く持たせてやりたいと考える一方で、増税で給与手取りは下がる一方……しかし本業が忙しく、休日にまで副業をするという選択は避けたいのですが、不動産投資はどうなのでしょうか。

時間・手間をかけずに運用できます。

物件の管理・トラブル対応・入居者募集など、その大部分を委託することができますので、本業が忙しい方でも不動産投資は可能です。
また、確定申告の際に、減価償却費や必要経費を計上することで、節税効果も期待できます。
長期的なプランを計画しましょう。
すぐに大幅な収入増加を狙うことは難しいです。
しかし、ローンでの物件購入と、現金での物件購入をバランスよくすすめていくことで、節税しつつ収入を増やすことが可能。
教育費など数年以内に必要となる資金は現金で準備しつつ、老後の収入源づくりも行うことができますので、安定的な資産形成に取り組めます。

結果

手間をかけず収益をあげています。

本業の忙しさに左右されることなく、安定した投資に取り組めています。キャッシュフローは黒字でも節税が実現できるのは、不動産投資の大きな魅力だと実感。
家族がいて現金資産も必要な私にとっては、多くの元手が必要なほかの投資よりも、レバレッジを効かせてコツコツ資産を増やせることも大きな魅力でした。
いまはローンで3戸、現金で2戸購入。これからも少しずつ増やしていく予定です。

記事一覧に戻る

事例紹介