物件のオーナーはどんな人が多い?

[]

不動産投資のみで生計を立てている方はわずかで、副業として会社員・公務員の方がオーナーである割合が、当社の場合過半数を超えています。
その大きな理由として、手間や時間がかからず安定性が高い投資であることが挙げられ、また、副業禁止規定のある公務員の方が取り組み可能な数少ない投資商材でもあるからです。
このほか、資産家の方が相続税対策として購入されるケースも増えてきています。